シールド掘削機用セグメント

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 掘削部を覆うセグメントの内径にバラツキを 発生させなくて、出来栄えを向上させ、また隣接するセ グメントの結合用ボルト孔の芯ずれを防止し、結合用ボ ルトの締結を容易に行う。さらに組立ロボットによる自 動的、連続的な組み立てを円滑に行う。 【構成】 既設セグメント5´の凹溝6に組立てるべき セグメント5の凸溝7を合わせ、推進ジヤッキで押付け て凹溝に係合させ、結合用ボルトでセグメントを結合す る。同様にしてセグメントA1,A2,A3,A4,B 1,B2の順に組込む。最後に推進ジヤッキ4により、 KEYセグメントをB1セグメントの凸状部7とB2セ グメントの凹溝6とに沿い楔入して、所定位置に正確に 組込む。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-S63598-AJanuary 05, 1988Junichi TsuzukiShield tunnel lining method

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle