圧力流体容器の液面位覗窓

Abstract

(57)【要約】 【目的】 高温高圧タンクなどの不透明容器内の液面位 を透視するガラス体を保護するための透明保護板の熱水 などによる破損や摩損を簡便確実かつ安価に検知する。 【構成】 ガラス体1 を透して流体容器2 内の液面位を 透視する液面位覗窓3 を構成するに当り、前記ガラス体 1 を保護する複数の透明保護板4,4 間に外周面と内周面 とを連通する流体逃がし用の切断溝5 を形成した漏れ検 知用の薄肉リング6 を介在させた。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-3125997-B2January 22, 2001キヤノン株式会社印刷情報出力装置および印刷システム

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle