蝶 番

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【目的】 扉への取着が容易で、扉と扉枠などとの隙間 を小さくすることのできる改良された蝶番を提供するに ある。 【構成】 所要箇所に複数の固定孔2,2を穿設した、 枠側羽根本体3の一端中央部を所要の高さと幅で延展し た先端部に下管部4を形成された枠側羽根板1と、所要 箇所に複数の取着孔6,6を穿設した、該枠側羽根本体 に相対する扉側羽根本体7の一端中央部を所要の高さと 幅で延展した先端部に上管部8を形成された扉側羽根板 5とを、該上・下管部に嵌挿した芯軸10により回動自 在に保持されたものにおいて、扉側羽根本体の幅を枠側 羽根本体の幅よりも狭く形成すると共に、開いた両側羽 根本体を含む平面を、該平面に平行で且つ軸心を通る軸 側平面より所要間隔だけ外側に位置するように両羽根板 を配設したことを特徴とする蝶番である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-S4957249-AJune 04, 1974

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle