エアバッグシステム用ケース

Abstract

(57)【要約】 【目的】 ケースの相対向する側壁の一方にガス発生器 の一端部を外周側から支持した状態でケースの側壁に固 定することに基づいてガス発生器をケースの側壁間にお いて一体的に取り付ける場合において、エアバッグシス テムの部品点数および重量を低減し得かつガス発生器の ケースへの取付作業を容易かつ迅速に為し得るエアバッ グシステム用ケースを提供する。 【構成】 一方の側壁としての板状壁部20に絞り加工 にてケース14の内側へ突き出す環状突出部28を形成 し、その環状突出部28の内周面においてインフレータ 12の一端部を嵌合状態で支持するとともに、絞り加工 時に環状突出部28の基部側であって内周側に位置する 部分に一体に設けられた円板状部30の貫通穴32から 突き出すインフレータ12の雄ねじ部34にナット36 螺合して締め付ける。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-S4864638-ASeptember 06, 1973

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle